ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「悪いこと」も実感でわかる 『ブッダの教え一日一話』

引用

「なぜ悪いことをしてはいけないのか」ということも、自分で実感できます。

嘘をついたり、殺生したり、他人に迷惑をかけたり、悲しみを与えたり、そういう悪いことをすると、自分自身が悩み苦しむ結果になるのです。

中略

「悪いこと」が楽しいのは瞬間だけ、後は思い出すたびに苦しいのです。

 

 

私見です

 

思ったのですが・・・。

 

仏教の善悪を学ぶと、やってはいけないことが身につきます、万が一、悪いことをやってしまうと、後悔はNGなので、懺悔です。

 

 

でも、例えば

 

 

親や身近な人から、善悪や道徳を学ぶことがなかった、という人。

 

目の前の刹那的な楽しみを求めて、次から次へと悪いことをする人がいるかもしれません。

 

悪いことをしても、後悔はない、思い悩むこともない。

 

という人もいるかもしれません。

 

 

でも、「業」」の観点から見ると

 

「業」は死んでも付いて回ります、死んでもチャラになりまぜん。

 

善いことをして、善業が貯まっていくのは嬉しいです(どれだけ貯まっているかは、わかりませんが)

 

 

でも、同じように悪行為で生じた「悪業」も貯まっていくのでしょう。

 

自分の楽しみだけのため、刹那的に悪行為して、悪行為をした、という自覚さえないまま「悪業」を溜めていく。

 

で、いずれ「業」が結果を出しにきます。

 

自分がやった行為の結果は、すべて自分が受け取らなければならないので、悪い行為によって生じた悪い結果も、すべて受け取るということです。

 

で、そのとき、泣いて悲しんでも、ねえ・・・。

 

泣いて悲しんでも、その結果が生じた原因の自覚もなければ、もっとヤバイということです。

 

ここまでヤバイ人はいるのかなあ。

 

 

自分のやったことは死んだあとも付いて回るので、どうせやるなら善いことを、です。

自分の実感に気づきましょ、です。

 

いつの間にか「業」に脱線してしまいました。