ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「いま・ここ」が妄想を止める 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用

妄想を止めるには、どうしたらいいのでしょうか。「いま・ここ」の自分を観察することで、妄想は止まります。

 

ふだんの生活で、私たちは「思考と妄想」にどっぷり浸かって生きてます。

 

思考もちょっと感情が入ると、あっという間に妄想になります。

 

 

 

 

具体的にどうすれば妄想を止めることができるのか、という話になります。

 

 

あれやこれや、考えるくらいだったら、ガツンとヴィッパサナ瞑想です。

ブッダラボさんの法話メモ、参考になります。

 

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

引用

何にもならなくてもいいんです。

全部放っておいて、思考・妄想は止めてみる。

それだけ。思考・妄想を止めてみようと思ったら、集中して踏んばらないと。「負けるもんか」と、そこだけ、戦いでやってみてください。

これは結構長い戦いになると思います。構いません。ゲームみたいなものだからね。ゲームでは、別に、負けても負けても、気にするもんですかね? 負けても負けても、やっちゃいますね。しかし、負けても負けても、ゲームをやっちゃうと、どんどん上手になっていくんです。

 

気楽に、でもいい加減はダメ、踏ん張って、集中して、余計な課題は作らず、負けるもんか、長い戦い、負けても負けてもゲーム感覚で。

 

 

思考、妄想を止めるのは、先生からの宿題です。

 

「宿題」は

忘れずに取り組まないといけないですね。