ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

智慧はいつでも正しい答えを出す 『ブッダの教え一日一話』

引用

智慧には主観がありません、主観がないとき、智慧があらわれるのです。

 

 

バリバリの私見です 

 

智慧に関する本

 

 

上記の本、試し読みで目次を見ると「智慧」の著述の次に「涅槃」について書いてあります。

 

智慧と涅槃の話はセットなのでしょうか。

 

うすうす感じていましたが、智慧は悟らないと身につかなのかなああ。

悟らないと、智慧による判断ができなないのかあ、と思います。

 

とすると、未だに智慧は身についていないので(これは実感できます)、知識による誤った判断をやることになるんでしょうね。

 

 

でも、仏教徒ならば、そこで止まらないで、智慧を目指すということかな。

 

 

上記の本、さきほど購入しました。

まずは自分で調べてみます。