ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ブッダが悩まないのはなぜか 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用

ブッダが安らぎに住しているのは、智慧があるからです。

ブッダがなぜ悩まないかというと、智慧によっていつでも正しい答えをもっているからです。

ブッダにとっては、どんなことが起きてもかまわないのです。瞬時に正しい対応がひらめくからです。

智慧のない人は、何かあったら「どうしよう、どうしよう」と悩むのです。

 

バリバリの私見です。

 

宗教と名のつく宗教には、それぞれ宗祖様がいらっしゃいます。

 

宗祖様といっても、道徳上、モラル上、人間性、で、?????という方もいらっしゃいます。

 

人々にいろいろ説くのであれば、その前にご自分の人間性が整っていなければならないのですけど、それは棚にあげて、どーの、こーの、説いてます、で、それをみなさんありがったがって、宗祖様の人間性を調べもしないで信仰します。

 

お手本にしていいのでしょうか?

 

宗教という括りでいくと、お釈迦様も宗祖様のお一人なんでしょうが、現在の道徳からもいっても問題ないですし、人間性、人格が抜群です、お手本にすべきです。

 

 

ですから、お釈迦様の智慧に接してたほうが、自分の人間性のためにいいかもしれません。

 

 

智慧に接することができる本

 

 

引用

怒るといちばん最初に自分が汚染される

 

じつにこの世のおいては、

怨みにたいして怨みを返すならば、

ついに怨みの鎮まることがない。

怨みを捨ててこそ鎮まる。

これは普遍的な真理である。

 

 

短い言葉で「真理・智慧」をさらりとおっしゃる。

「いち たす いち は に」だよ、と。 

頭の中がヘイトで一杯の方は、本当はこれを読んで実践すれば解決するけど、貪瞋痴に負けて言いなりなのですね。

 

 

いまだ、智慧の実感はないので、お釈迦様の説いた「真理・智慧」に接して、少しでも近づきたいです。

 

 

ガンガン智慧の話が続きます。