ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

考えない人は頭がいい 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用

あれもこれも、とりとめもなく考えるのは、じつは「考えていない」ということなのです。

深く考えているようでも、それは智慧のある人とは言えません。

智慧のある人は、すぐに答えが見えるので、考える必要がないのです。

 

バリバリの私見です。

 

「考えている」というのは知識の世界なので、仏教的にはまだまだ放逸ですよ、いうことなのでしょうね。

 

昨日、例の本が届きました。

 

 

 

ずばり、智慧は正知で物事を知ることで、知識は誤知の世界ですね、多分。

誤知では、良い結果は得られませんね。

 

智慧、正知は悟ることで知ることができるんでしょうけど、智慧と悟りはけっこう密接な関係です。

 

上記の本では、そのことについて述べています。

 

引用

お釈迦様には、すべての言葉、概念、理解をのり越えた涅槃を語るつもりはありませんでした。お釈迦様は「涅槃とはこういうものだ」とはあまり語っていません。

私は昔、涅槃について書かれた経典を、全部調べたことがあります。とても少ない数しかありませんでした。その代わりにお釈迦様は、理性ある人に理解できる「パンニャ」について多く語られてます。涅槃ではなく、誤知と正知の問題です。

これは、ある意味取り組みやすい課題です。なぜならば、我々の場合は誤知ですが、たとえ誤知であっても知ですから、それを誤から正に戻すだけだからです。そこに少しだけ救いの糸があります。ですから仏教は智慧についてよく語るのです。

 

ずばり、私は誤知だらけの誤知の世界に生きてます。

正知に修正するにはどうすればいいでしょうか。

そのためにお釈迦様はたくさん智慧について語ったのでしょうね。

 

この本を詳しく読んでいきたいと思います。

 

 

智慧と涅槃の話は深いです。

深いことを教えてくれる本です。