ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「行為」だけがある 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用

自分を判断しようとしても、ほんとうは判断の対象となる「自分」はいないのです。

そこにあるのは「行為」だけです。

自分と呼んでいるものは、歩く、喋る、寝る、考える、食べるなど、無数の行為の連続なのです。

どこにも、自分などいないのです。

 

私見です。

 

パッと読むと禅問答のような感じです。

 

「自我」の話ですね。

「自分がいる」という錯覚は、覚りの4番目までしつこく追っかけてきますので、完全に無くすためにはどうしたらいいんでしょう、という気持ちになります。

 

私自身、毎日が錯覚状態です。

 

ヒントになるのが下記のサイト

「自我をなくす準備」

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

自我を完全に破るのは難しいとしても、仏教徒はその準備をしなくては・・・です。

 

 

ちょっと気になる部分を引用

そこで、ラベルでなんとか一貫性を保とうとするんですね。そのように、われわれは気持ち的に「わたし」という概念・観念を入れておくんです。それでなんとか、赤ちゃんの写真を見て「これはわたしでしたよ」と。「わたし」という観念がなければ、赤ちゃんの写真を見て「これはわたしです」とは言えません。どう見ても自分じゃないんですけどね。

 

シャバで生きるには、便利な「私」というラベルを貼っておくんでしょうけど、赤ちゃんの私はもう私ではないし、スマホの中の記念写真の私も私ではありませんね、ほんとうは。

 

あるのは、行為というか過程だけ、上記の法話メモでは「認識過程」という言葉を使っていました。

 

引用

たとえば、2×3は6なんですけど、X×YはXYですね。全然計算していないんですね。

それって便利なんですけどね。あらゆるものごと、過去のこと・将来のことをXでまとめる。「これはXである」と。自我の場合は数学と違って、Xファクターは何でもありきなんです。

 

そこで、認識過程を冥想でしっかりと調べてみると、Xファクターは過程につけているラベル以外なんでもないんだと、わかってきます。それで自我ということが破れます。それでも、「自分がいるんじゃない?」という実感みたいなものはまだ残っています。それで、さらに、さらに、冥想すると、自分がいるんでしょうという気持ちが、感覚に対する愛着、「見たい・聞きたい」んですね。「なるほど、見たい・聞きたいというところに、自分という実感が出てくるんだ」とわかる。それから次に、「見たい・聞きたい、というのは何やこれは?」

 

 

 

何でもありの認識過程(行為)を観察すること。が準備になりそうです。

 

毎日、「自我がある」に負けっぱなしなので、たまにはやり返したいです。

 

詳しくは、上記リンクをお読みください。