ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

主観を破ったところに智慧がある 『ブッダの教え一日一話』

引用

智慧とは、どんなときにあらわれるのでしょうか。

主観を破られたところに、智慧があるのです。

何かの見解、尺度、見方、立場などがなく、心が解放された状態なのです。

 

バリバリの私見です。

 

これは多分、覚った状態ですね。

智慧があらわれる、主観を破る。

4段階のうちの、一番目に達したのかもしれません。

 

一番目に達したら、日常生活の些細な問題も、智慧でバリバリ正解を出していくのでしょうか?

 

そのあたりは気になります。

 

気になるので質問してみようと思います。

 

質問の内容は

先生の著書『ブッダの教え一日一話』の8月11日の項に「主観を破ったところに智慧があらわれる」とありますが、これはズバリ覚った状態なのでしょうか?

 

それは一段階目の預流果で、もうあらわれるのでしょうか?

 

そして「主観を破ったところに智慧があらわれた人」は、日常生活の些細な問題でも一発で正解を出し、解決していくのでしょうか?

 

3つも質問してますね、欲張りです、すみません。

 

 

で、未だに覚ったという自覚は無いので、先日書いた「如理作意」なら、頭の中で確認しながらできそうです。正解には至らないかもしれませんが、日常生活の大きな失敗は防げるかもしれません。

 

「因果法則に則って論理的に観察する」

 

大事な単語は

 

理性的

論理的

客観的

冷静沈着

因果法則

観察

 

 

「質問」のきっかけになった本です。

わからないことがあったら放っとかず質問を。