ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

心は楽なことから行う 『ブッダの教え一日一話』

引用

心はいつも楽なことを選びます。

心は慣れているもの、クセになっているもの、簡単に行えるものを、先に選ぶのです。

心というものは、厳しく管理されているときは、おとなしくしていますが、隙が出たら、楽な方向へ走ってしまいます。

心は汚れやすいのです。自由があったら、心は悪を行おうとするのです、人生は放っておけば極悪人で終わるのです。

 

 

私見です

 

ずばり、放っておくと、貪瞋痴に染まったもの、妄想に染まったもの、誤知にまみれたもの、をやろうとするのですね。

 

一番最初に出て来た感情を無審査で採用してる感じです。

 

やっぱりヤバそうです。

 

ってことは、自分の心を守らなければならない、ということですね。

 

下記法話に自分を守る方法のひとつが書いてあります。

一旦停止は大事です。選択を間違えないように、です。

j-theravada.net

 

 

で、自分を守る言葉は「五戒」ですね。

 

五戒で自分を守り、どうシャバで五戒を守っていくか、そのヒントがあります。

j-theravada.net

 

 

日常生活では、五戒はモラルとして守っているだけかもしれません、私もそのレベルです。

 

でも、法話では仏教の智慧の基礎として、本当の仏教の戒をやっていくことの大切さが説かれています。

 

 

いつのまにか「五戒」の話になってしまいました。