ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

いまの瞬間のことだけやる 『ブッダの教え一日一話』

引用

いまの瞬間に集中して、いまの瞬間のことだけやれば、人間に不可能なことは、何もないのです。

乗り越えられない苦しみはないのです。

いまの瞬間に徹して、いまの瞬間を十分に生きる人は、悩みもないし、失敗もないし、充実感があります。

 

私見です。 

 

先生は、またまた簡単にあっさりと書いてます・・・。

 

私はいまだにきちんと「いま」を生きてません。

 

ふりかえると、一日のほとんどを、いま、ここ、を観察、気づくことなく、どっさりと無駄に過ごしています。

 

仕事をしながら、「今度の休みは何しよう」、なんて考えたり。

「あれ欲しいなあ、これ欲しいなあ」とか。

「あー、失敗だった、なんであんなことしたんだろう」とか。

 

けっこう無駄なこと平気でやってます。

 

現代風に言うと、「リソースを無駄にしてる」んでしょうね。

 

昨日は下記の法話で、みっちり「今の瞬間を生きる」を読みました。

お釈迦様の言葉を引用して、いまの瞬間を生きる大切さを学びました。

j-theravada.net

 

で、次は、どうすれば、いまの瞬間のことができるでしょうか?

 

 

どうすれば「今の瞬間」に集中できるでしょうか?

 

 

テキストは一般の方向けなので、「いまに集中」するという言葉を使っていますが、

つまりは「観察」と「気づき」が大事です。

 

 


なぜ大事かは、下記の法話で。

j-theravada.net

 

上記法話より気になる部分を引用

経典の言葉

  • Appamādo amata padaṃ pamādo maccuno padaṃ,
    appamāttā na mīyanti ye pamattā yatha matā.
  • 不放逸は不死の道なり。放逸こそ死の道なり。
    不放逸の人は死ぬことはない。
    放逸の人は死んでいるようなものである。
  • (Dhammapada 21)

 

 

「いま、ここの」観察や気づきを怠っている人は死んでるようなものである、と理解しました、ヤバイです、私は死んでます。

 

 

で、先ほどの続きですが、どうすれば、いまの瞬間に集中できるのでしょうか?

 

ヒントは下記法話

j-theravada.net

 

気になる部分の引用

実は悩み、苦しみ、ストレス等はこの「こころの隙間」に生まれるのです。

日常、実際に必要とする行動に使う時間はほんの僅かです。他はすべて自分が管理できない「こころの隙間」です。自分のこころがどんな状態にあったのかも分からぬのに、その自覚なき間にストレスや苦しみ、悩みの萌芽があるのです。ですから日常の Sati さえあれば、人間には精神的な苦しみも悩みもなくなってしまうのです。我々の生の大部分を費やしているであろうこの膨大な「こころの隙間」という時間のたとえ一部でも Sati の実践に充てるべきなのです。

 

うむ、ということは「こころの隙間」に時間とか自分の持っているリソースを費やしているのですね。

 

バカ、バカ、バカ、ですね。

お釈迦様がおっしゃる「死んでる」状態ですね。

 

バカで死んでる状態はイヤなので、つっかえながらも「観察と気づき」は忘れないようにしたいです。

 

 

「観察」と「気づき」の大切さにたどり着いてしまいました。

やっぱり深い本です。