ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

失敗を取り返そうとすると失敗する 『ブッダの教え一日一話』

引用

失敗して怒ったり悔しくなって、次はやみくもにがんばろうとする人がいます。

しかし、そういう人は、次も失敗するでしょう。

 

 

私見です

 

ちょっとヒントになる法話

j-theravada.net

 

 

 

失敗するとどうなるか

 

 

「怒り」とか「後悔」の気持ちが生まれたりします。

 

「なんでこんなことしたんだろ!」とか「ちゃんと準備しとけばよかった」とか、で充分自覚してるので、人から指摘されると更に腹が立つ。

 

ヤバイですね。

 

 

仏教では「怒り ドーサ」や「後悔 クックッチャ」は悪いほうに分類されるので、失敗して悪い状態になり、悪い状態のまま次の行動をしても、やっぱり悪いんでしょうね。

 

ちょっと引用

ですから人間は、後悔さえやめれば幸福になるのです。
後悔しないで、気楽に、明るくする。「そう簡単に気楽にはなれない」と思うのは、ばかばかしいことです。なぜなら、人間は完壁ではありませんから。我々がいくら奥歯をかみしめて「きちんと完壁に何かしよう」と思ってもできないのですから。でも誰でも、そういう努力はします。それで十分なのです。結果として色々なことがあったとしても、それは後悔してはいけない。そのかわりに、自分のミスを「そうなんです」と正直に認められる明るい心を作ると、それはまたとても明るい、ポジティブなエネルギーになってしまいます。

 

 

 

基本、失敗だらけの人生だからなああ

失敗して、いちいち後悔してたら心に悪そうです、後悔した気持ちで次のことやっても失敗して、また後悔して、無限ループですね、こりゃ。

 

 

失敗に関してさらに深い法話が下記に

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

 

失敗はつきものだし

 

失敗しても注意深く後悔や怒りから離れて

「やっちまったー、しょうがないなあー」てな感じで

 

理性的に分析して

「ふむふむ、ここか」

 

最後は明るく

「よっしゃ!」で

 

以上な感じで、次のことに取り組めばうまくいくかもしれません。

 

 

やばいくらい失敗だらけな人生、と教えてくれる本です。