ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

30 こわれなければ創造はない 『法句経(ダンマパダ)一日一話』

本日は下記の本より

 

 

 

引用

 

30 こわれなければ創造はない

 

「すべてのものは無常である」(諸行無常)と

明らかな智慧をもって観るときに、

人は苦しみから遠ざかり離れる。

これこそが人が清らかになる道である。(277)

 

 

私見です

 

昨日は「退屈」の話をしましたけど、やっぱし退屈はやばそうです。

 

本文より引用

仕事をすること、生活をすること、生きていることは、こわれていく過程ということができます。結婚すれば、独身生活はこわさなくてはいけません。会社に就職したら、それまでの生活をこわさなくてはなりません。

すべてがこわれるものです。わたしたちの生活もこわれるものです。なにひとつとして例外はありません。「自分だけがこわれたくない」ということはありまえません。それは、どうにもならないことです。

 

毎日のルーチンワークもよく見ると、変化して壊れるか、壊れ始めているかもしれません、だから、本当は「退屈」はあり得ないのですけど、「退屈」は物事をよく見ていない証拠になってしまいそうです。

 

「退屈」ならまだいいですけど、もっとタチの悪い話もあるのですね。

 

本より引用

人間にとって最大の恐怖は、自分の生命が壊れること・・・・すなわち「死」です。

中略

宗教では、死んだら「来世」や「天国」や「浄土」があるとさまざまに教えています。けれども架空の世界を想定して、そこに信を置くのは「逃げ」です。

 

物事をよく観ないことは「退屈、怠け」ですけど、物事をよく観ないで架空の世界を作ってそこに「信」を置くのは「逃げ」です。

 

個人的には、退屈よりもタチが悪く、なんだか悪化したような感じがします。

 

退屈は治りそうですけど、「逃げ」は、初期は治るかもしれませんけど、完治に時間がかかりそうな気がします。

 

 

最後の部分を引用します。

心をよく観察してみれば、つねに変化していることがわかります。ある心から別の心へと、瞬間瞬間、変化しています。寄せては返す波のように、「死んで生まれて、死んで生まれて」ということの連続なのです。そのことが真に実感できれば恐怖は消えていいきます。 

 

 

 

物事の変化を観察を怠けて退屈どころではないですね。

物事どころか、自分の心も変化してる、ということです。

 

 

「退屈」や「逃げ」だと、楽なんでしょうけど仏教の目的からは離れていきそうです、お釈迦さまは「やらなくてもいいことはやらないほうがいいよ」とガツンです。

j-theravada.net

 

上記法話よりお経を引用します。

経典の言葉

Dhammapada Capter XXI PAKINNAKA VAGGA
第21章 種々なるものの章

  1. Yañhi kiccaṃ apaviddhaṃ Akiccaṃ pana kayirati;
    Unnalānaṃ pamattānaṃ, Teasaṃ vaddhanti āsavā.
  2. Yesañca susamāraddhā, Niccaṃ kāyagatā sati;
    Akiccaṃ te na sevanti, Kicce sātaccakārino;
    Satānaṃ sampajānānaṃ, Atthaṃ gacchanti āsavā.
  • なすべきことを等閑なおざりに なすべからざる事をなし
    放逸にしてサティなくば 煩悩アーサワ彼にましてゆく

     

    常にサティをば身にむけて なしてはならぬに遠ざかり
    なすべきをなす正智者は もろもろのアーサワ消え行かん

  • 訳:江原通子
  • (Dhammapada 292,293)

 

 

 

「やらなくていいことをいつもやってる、どういうことだ!」と、言われている気分にさせる本です。