ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「いま」幸福になるしか道はない 『ブッダの教え一日一話』

引用

「いま苦労すれば将来、幸福になるだろう」という考えには、幸福になる保証はありません。

 

主観に満ちた私見です

 

良い結果を出すために苦を労して物事をやるんでしょうね。

 

「苦しい、しんどい」と思いながらやるんでしょうね。

 

でも、結果が出る前に死んでしまったら・・・。

苦しくてしんどいまま・・・死んでしまうのはイヤだなあ。

 

で、苦しくしんどい気持ちでやったことって、結果も苦しくてしんどそう。

 

これ苦行だったら、何の役にも立たないし。。

 

 

ですから「いまの幸福」なのでしょう、「いま幸福」なら次の瞬間(その結果ですね)も幸福の可能性が大きいです。

 

で、「いまの幸福」を実現するためには・・

下記の法話

j-theravada.net

 

 

気づきやヴィッパサナーで観察能力を上げていくと・・。

 

引用

実践方法を上手にできるようになると仕事にしろ何にしろ、以前の自分に比べはるかに効率よく、失敗も少なく行動できるはずです。しかも膨大な時間の無駄が徐々になくなっていくことによって時間の余裕ができ生きることにも充足感が生まれてきます。

 

 

うむ、上記だと「苦労」している感じは無いですね。

心にも良さそうです。

次の瞬間(結果)も良さそうです。

 

これなら、いきなり死んでも、良い結果を持っていけそうです。

 

 

 

いきなり死んでも大丈夫ですか、と聞いてくる本です

まだまだヤバイと自覚してます。