ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ぴったりきちんとやっていく 『ブッダの教え一日一話』

引用

しっかり生きるとは、そのときそのとき、やるべきことを、きちんとやるということです。

 

私見です

 

まっさきに連想したのは下記の動画です。

ティッシュペーパーを折る瞑想ですね。


『観察――「生きる」という謎を解く鍵』発売記念動画―アルボムッレ・スマナサーラ×想田和弘〔導入編〕

 

 

 

 

次はこれ

「ぴったりきちんとやっていく」の基礎の基礎です。

物を取って戻す瞑想と、ティッシュを折る瞑想です。


Lesson2 棚のものを取って戻す瞑想/ティッシュを折る瞑想|スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想入門④

 

 

上記の瞑想動画は下記のレッスン1から始まります、せっかくですから、ここから見ましょう。


Lesson1 ものを動かして元に戻す瞑想|スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想入門③

 

 

 

日常生活でやっている行為と観察瞑想は、相性がいいようです、すぐに始めることができそうです。

 

凡夫の私は、「ものが片づけいて、瞑想ができたら一石二鳥」なんて思ってしまいます。

 

でも、まだまだ甘くはないですね。

 

起きている間、すべての行為や、こころの動きを観察すればいいのでしょうけど、まだまだです。

 

 

「あっ、オレ、今の状態ヤバイ」と思ったときに、できそうな気がします、「ヤバイ」という状態に気づくパターンが少し増えただけでも、仏教を学んでよかった、と思います。

 

上記動画は最近のものですけど、引用テキストは2008年の発行です。

先生はおっしゃることにブレがないです。

ブレないテキストです