ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

けっして忘れることのない学び 『ブッダの教え一日一話』

引用

学ぶのは、欲のためではありません。

人格向上の役に立つことを学び続けていくのです。

学びというのは、心の勉強です。

そういう学びは知識の習得ではないので、けっして忘れることはないでしょう。

 

バリバリの私見です。

 

学びというのは自分が身につけていくことかな、と思います。

 

学びは目に見えませんが、自分の周りには目に見えるものがあります。

 

いろいろな所有物ですね

 

所有といっても一時的なので、自分の手から離れていくことになります。

 

例えば、うちの父親は、なぜか自転車を8台も持ってますけど、歳を取るにつれ、乗らなくなりました、歳をとって、自転車から離れていくのですね。

 

その前に車の免許証を返納しました。

 

私もいずれそうなります。

 

お金とか財産も離れていきますね。

 

お棺までお金は持っていけないです、持ってはいけない、とアタマではわかっているくせに、お金にはしつこく執着したりします。

 

で、知識もです。

 

例えば、仕事で食べていくために必要な知識ってありますけど、職種を変えたり、退職したら必要なくなります、知識から離れることになりますね。

 

資格なんかもそうです。

 

 

先生のおっしゃる通り、ほとんどが返却期限のある「借り物」ですね。

 

 

 

 

副読本になります。

 

執着しないこと (中経出版)

執着しないこと (中経出版)

 

 

第4章に「モノ」とか「知識」への執着に関して、かなり詳しく書いてあります。

 

借り物の「お金」についてです

ちょっと引用

お金は自分の人生の期限内で正しく、心を汚さず使い切り、人に借りを残さずに死ぬ。これが仏教の勧めるお金の正しい使い方なのです。

 

 

で、借り物の「知識」についてです。

ちょっと引用

仏教では知識をやみくもに増やすことを推奨しません。

人生に役立つ知識を増やし、それを使っていく。

それ以外の、自分の人生にとって役に立たない知識は、まったく憶える必要はない。これが、仏教の「知識」に対する姿勢です。 

 

 

 

 

先生は死んでも持っていけるのは「自分のこころ」だとおっしゃってました。

 

ということは、人格向上、こころを清らかにすることを学ぶということですね。

 

こころを善くするための学びと実践は、仏教に全てあると思います。