ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

尊敬できる先生とは 『ブッダの教え一日一話』

引用

先生は、教える何かをもっている、しかし、自分はもっていない。

それが、先生と生徒という関係です。

尊敬できるかできないかはさておき、まずは学ぶのです。ちゃんと教えてくれるなら、立派な先生だと思いましょう。

 

私見です

 

昨日は「仏教を知っていれば・・・」なんて話をしましたが、仏教を知っている方はとても少ないです、絶滅危惧種かもしれません。

 

ほとんどの方は仏教とは無縁です。

 

本日の話は、仏教云々にこだわらず、全ての方に向けてのお話です。

 

 

学校での話ですね。

 

かなり昔に、義務教育の生徒をしていました。

 

勉強はいまひとつだったなあー。

 

未熟な若者でしたから、先生も大変だったと思います。

 

 

うーむ

 

学校は勉強するところなのですから、勉強を熱心に教えてくれる先生は立派です、リスペクトです。

 

いま、ここで、自分のやるべき職務をまっとうしてますから・・。

 

で、生徒は、勉強や先生を軽んじないで、学ぶ、ということですね。

 

 

さて、副読本

 

一瞬で心を磨くブッダの教え

一瞬で心を磨くブッダの教え

 

 

上記の副読本より引用

204 学べない理由は軽視

どうして学べないのかということの答えは、「軽視する」というたったひとつの単語です。学校の授業でも「先生の講義はたいしたことないし、テキストにも書いてあるし」という気分でいると、脳にインパクトがありません。頭には鍵がかかった状態です。鍵をかけずに開けておけば、いくらでも頭が良くなります。どうやって鍵を開けるのか?それは「何だ、これは?」「何?何?」という興味関心、あるいは「ああ、そうなんですか!」という程度の気持ちです。難しいことではありません。

 

うむ、「先生」や「いまやるべき勉強」を軽んじると、頭にロックがかかるのですね。

 

成長が止まった感じでヤバイです。

 

「先生云々」「勉強云々」よりも、これはオープンになっていない自分の問題ですね。

 

 

 

どうせやるなら「いま、ここ」でやるべきことをやる。

 

 

どうせやるなら「なかよく」です、リスペクトできたら、なおいいです。

仏教徒なら「慈しみ」です。

 

 

 

いきなり脱線です

仏教徒なのに、周りに仏教を教えてくれる先生がいない・・・。

 

ご心配なく、お釈迦様がいます。

 

本でも、ネットでも、その教えに自由にアクセスできます。

 

 

 

お釈迦様の教えにアクセスできる本です