ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

願いとしてもつべきもの 『ブッダの教え一日一話』

引用

私たちが願いとしてもつべきものがあるとすれば、それは、「人格の向上」です。

どんなことがあっても、その都度、この経験から何を学べるのかと、人格向上に努めるのです。

たとえ不幸なできごとに出遭っても、失敗しても、それを人格向上の糧にしていけるのです。

そうなれば、世間のどんな波にも冷静に対処することができるようになります。

 

私見です

 

早速、副読本に頼ります。

 

一瞬で心を磨くブッダの教え

一瞬で心を磨くブッダの教え

 

 

引用

181 性格が大事

正しい生き方が基本になければ駄目なのです。たとえ優秀な学生がいて、天才的な能力を発揮したとしても、性格が悪くて、けんかして人を殴ったりするような人だったら、誰からも雇われません。びっくりするほどの天才だったとしても、ゴミ扱いです。知識は二の次で、一番は性格なのです。

後略

 

 

まだ、副読本の引用は続きます。

 

185 人格向上の目的として生きる

前略 

そういった生きる営みの目的を、「人格向上のため」と定めるのです。

それ以外のことは「俗世間的プログラム」です。俗世間的プログラムとは、仕事で評価される、出世する、お金持ちになる、自分のやりたい仕事に就くなどです。そういったものを人生の目的にしたら、あまりに寂しいのです、そういったことは「ついで」にやればいいのです。

中略

その(ついでの)「出来、不出来」に一喜一憂する必要はありません。

いかに人格を向上できたか、これが最も大切なことなのです。

 

 

私の日常生活

 

一日のほとんどの時間を、この「ついで」に費やしてます。

 

ふだんやっていることを「人格向上のためにやろう」という自覚が無いです。

 

無意識のうちに、自覚のないまま「ついで」をやっているようです。

 

 

けっこう、この「ついで」に流されています。

 

で、できそうなことは

 

「ついで」をやっている最中でも、五戒を破戒しないように気を付けよう、仏教的にNGなことはしないようにしよう、です。

 

 

 

人格者かどうかは、これは自分では判断できませんね、他人の評価になりますね。

 

周りの人から煙たく思われないようっだたら、まあいいのではないでしょうか。

 

 

うーむ、いつもながら、志の低い仏教徒です。

 

 

しみじみ良い本です。

ここ最近は副読本として使ってます。

 

一瞬で心を磨くブッダの教え

一瞬で心を磨くブッダの教え