ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

死ぬ瞬間まで学びがある 『ブッダの教え一日一話』

引用

「私は正しくない。ほとんど知らない」という謙虚な気持ちでいる人が、「学びたい」といういう意欲を起こすのです。

中略

「学びは死まで」というインドの諺があります。また仏教では、「老い朽ちるまで道徳を学びなさい」と言います。

 

 

 

私見です。

 

私事ですけど、86歳の父親がパソコンが欲しいとのことです。

デジカメで撮った写真を整理したり、文章を作ってみたい、とのこと。

 

親には阿羅漢のごとく接しなさい、なので、阿羅漢にパソコンを持っていき、教えることになりそうです。

 

齢をとっても学びというか、いろいろ興味のあることは尽きないですね。

 

 

で、仏教徒の「学び」です。

このあいだ書いたものです。

www.jataka.info

 

 

「知らないことだらけ、自分は有学の真っ最中」という自覚が大事なのでしょう。

 

「学び」に年齢は関係ないですね。

 

で、この本

 

 

ちょっと引用

年齢にかかわらず努力しなくては

仏教の世界には、「目上の人を敬いなさい」というブッダの言葉があります。正しく生きている人なら、年をとればとるほど立派だからです。未熟者の私たちは、その立派な人に教えてもらうしかありません。

しかしブッダは、「髪の毛が白くなったからといって、目上の人だと思ってはいけない。それはただの老人です。道徳的に人格を磨いていないならば、目上ではない」と注意しています。ですから年下であろうとも自分より人格者であるならば、その人から教えてもらう必要があるのです。

 

 

ただの老人にならないように気を付けなくてば、と教えてくれる本です。