ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

締め切りに間に合わない 『ブッダの教え一日一話』

引用

一日十枚しか原稿を書けない人に、十日で四百枚書けと言っても、できないのは当たり前です。それは断るはずです。

一日百枚くらい書ける人が、(四百枚書けと言われ)「一か月ください」と言って、一か月たったところでまだ原稿ができていないとします。

それは「忙しかった」からではなく、時間を浪費した結果なのです。

 

私見です

 

いたって当たり前の話ですよね。

 

でも、でも、この当たり前が、うまくいかないことがあります、私も。

 

 

 

能力があるのに仕事が終わらなかったら、「サボっている」ということになるのでしょう。

 

どうしてサボるのか?

 

 

下記の副読本を参考にします。

 

 

引用

それなのに、今やるべき仕事にうまく対処できない人びとというのは、本当は心の中で「やりたくない」と思っているのです。

 

 

うむむむ

どうして「やりたくない」と思うのか?

 

ヒントになる法話が下記

j-theravada.net

 

上記法話より引用

3つの区分の話

すでにご存じのことかもしれませんが、私たちは世の中のことを何でも、三種類に分けてみるのです。その三つとは、

  1. 好きなもの、気に入るもの。
  2. 嫌いなもの、気に入らないもの、合わないもの。
  3. 好きも嫌いも関係ない、普通なもの。

これは「もの」で終わらないのです。私たちがやっていることにも、三種類があるのです。
他人がやっていることも、好き・嫌い・どちらでもない、という三つに分けるのです。

自分自身がやっていることも、

  1. 好きでやっていること
  2. 嫌々でやっていること
  3. マンネリでやっていること

という三つになるのです。

 

知らず知らずのうちに上記3つに区分してるのですね。

 

遊びだったら「好きでやっていること」、仕事なんかは「嫌々でやっていること」「マンネリでやっていること」に入れてしまいそうです。

 

テキストの原稿依頼の例えも、たぶん「嫌々でやっていること」「マンネリでやっていること」に入れてしまったのでしょう。

 

先生は、上記の区分は煩悩が引き起こすとおっしゃってます。

 

 

煩悩が混じった判断は、なんだか悪そうですね。

仕事だったら、納期を守らずサボったり、質も悪かったり・・・。

 

で、先生は「やりたいこと」「やりたくないこと」のほかに「やるべきこと」を加えることを提案してます。

 

「やるべきこと」なら、貪瞋痴から離れて判断できそうな気がします。

 

詳しくは上記法話をお読みください。

 

 

で、どうして「やるべきこと」やらなくてはいけないか?

 

貪瞋痴、煩悩から離れて物事は判断したほうがいいですし、時間も有限ですし。

 

副読本からの引用です

多分、仏典からですね。

 

マーラはこう語ります。

 

日夜は消えない。命はなくならない。

人の寿命は減るのではない。車輪が軸を回るように。

 

中略

輪廻は永遠に続くということです。だから、まぁ修行なんかせずに、人生を謳歌して、おおいに楽しめとマーラは誘うのです。

そのようなマーラの戯言に対して、お釈迦様はこう語られたのです。

 

日夜は過ぎ去る。命は減る。

人の寿命は減っていく。小川の水のように。

 

 

うむ、「やりたいこと」、「やりたくないこと」、「マンネリだ、つまらない」という判断ばかりしてると、輪廻は長そうです。

 

うむ、かなりヤバイ話だったと、私見の理解でした。

 

 

いつのまにか「輪廻は長い」という話になってしまいました。