ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

その都度その都度、巧みになる 『ブッダの教え一日一話』

引用

誰もが仕事が巧みになることを考えています。「仕事こそが人生だ」とかんちがいしていることもあります。

しかし私たちは、1日24時間さまざまなことを行っています。

だから、一日中、その都度その都度、何事においても巧みになるべきなのです。

 

私見です。

 

うむ、ということは、日常生活のことですね。

 

朝起きたら、トイレに行って、お湯を沸かして、お米を研いで、パンを焼いて、焼けたパンをかじって、コーヒー飲んで、コーヒー飲みながら、これを書いて、書き終わったら歯を磨いて、ひげを剃って、服を着替えて、クルマを運転して会社へ。

 

会社では仕事ですね。

 

クルマを運転して、帰りにドラッグで買い物して、帰宅して、手を洗って、服を着替えて、食事して、お皿洗って、仕事があったらちょっと片付けて、寝っ転がってプライムビデオを見て、お風呂入って、歯を磨いて、お布団敷いて、寝る。

 

 

単純な日常ですけど、一つでも手を抜いたらヤバイです。

 

例えばクルマの運転、事故でもしたら大変です、クルマの事故っていいことはひとつもありませんから。

 

歯を磨くのも大事です、虫歯は嫌ですから。

 

お皿を洗うのも大事なことです、台所が乱雑なのは嫌ですから。

 

「寝る」ことも大事ですね、きちんと寝ないと翌日に障ります。

 

あってもなくてもいいのはプライムビデオだけかな、なくても支障ないですけど、面白いミニドラマをつい見てしまいます。

 

 

うむ、日常生活では「やるべきこと」がガンガンやってきます。

でも意識して「巧み」にはやってないです。

 

単純な日常生活ですけど、自分の身体も加齢とともに変化しますし、周りの環境も変化していきます、本当はやるべきことがあるのかもしれません。

 

よく観察すると、もっと手際よく気持ちよくできることがあるかもしれません。

 

巧みには程遠いですけど、観察して、ちょっと改善は、できそうです。

 

 

11月上旬はバリバリ「巧み」のお話が続きます。