oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

31 ニーズが少ないこと、不満を感じないこと 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

欲を「ニーズ」と「余分」に区別して生きる人に、「知足」という満足感が生じます。欲があっても楽しく生きられます。

「小欲」「知足」は幸福になるためのポイントです。この二つを実行してみましょう。現代人は肉体の奴隷です。そうではなく、「人間とはなんだ?」「人生とはなんだ?」とちょっと考えてみてほしいのです。ぜひ「にーずを少なくすること」と「不満を感じないで生きることに」挑戦してみてください。「小欲」と「知足」があれば、人生は安全です。

 

私見です。

 

悟りの階梯を踏まないと欲世界を断つのは難しいです。

 

私の場合、この「欲」と、当分の間つきあっていく、ということになります。

 

で、その「つきあい方」ですね。

 

ニーズと余分を区別するのも具体的ないい方法ですね。

 

で、つきあい方に関する法話メモがありました。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

 

仏教は基本的に自分の心に善いことをする教えだと、私は勝手に思ってます。

 

 

刺激を求めての欲とか、欲を刺激の方向に向けるのは、身体や心に悪そうです。

 

上記のお話では、「刺激」ではなく「安らぎ」へ、です。

 

「欲」はなくならないのですけど、欲を「安らぎ」を得る方向へ向けることはできそうです。

 

身体にも、心にも善さそうです。

 

 

 

いきなり欲をなくすことはできないですけど、できることはありますよ、と教えてくれる本です。

 

一瞬で心を磨くブッダの教え

一瞬で心を磨くブッダの教え