ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

86 本当の自由とは 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

 引用

心は貪瞋痴のほうがやりやすいのです。

怒ることはやりやすくて、怒らないことは難しいでしょう。欲張ることはやりやすいけど、欲張らないことは難しい。ですから貪瞋痴の反対の不貪不瞋不痴をやらせようと思ったら、これは大変です。魚に「歩け歩け」と言うほど大変なことなのです。

中略

感情に打ち勝つ人は理性で生きているのです。理性があれば、見るか見ないか、聞くか聞かないか、やるかやらないかなどで正しく選択できるのです。貪瞋痴に覆われていると判断することも選択することもできなくなるのです。

後略

 

私見です。

 

うむ、日常生活は貪瞋痴にまみれてますね。

 

 

自分の日常生活を見てみます。

 

他愛もない例で恐縮です。

 

仕事のことで上司から注意された

ムッときた・・

たぶん「イヤだな」と思う

これは瞋ですね、怒りになります。

 

レジが長蛇の列でかなり待たされている

イライラしてる

これも「イヤだな」と思う

これも瞋なのかな

 

新しいアイフォンが欲しいなあ、と思う

「これはいい」と思う

これは貪ですね。

 

 

チョコレートが好きなので、たくさん食べたい

「これはいい」と思う

これは貪ですね。

 

 

うむ、好き嫌いが働いてますね。

 

で、痴はどこにあるのでしょう?

うむ、痴を自覚したというか、自覚の自覚が無いのですね。

 

 

下記サイトに貪と瞋の見分け方が載ってます。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

「これ、気持ちいい」と自問自答することで、貪瞋を発見し分類することができるのですね。

 

で、痴の自覚は難しそうです、詳しくは上記リンクをお読みください。

 

で、せめて貪瞋の奴隷にならないように、です。

 

 

上司に注意されたら、その乱暴な言葉にカチンときたけど、まあ性格だから仕方ないか、ご指摘どうもありがとう、調べてみます。かな。

 

レジで待たされたら、レジ打ちしている方も一生懸命なので「ご苦労様です」という気持ちになることが大事なのかな。

 

チョコレートの食べ過ぎは、明らかに健康を害しますので、健康に悪いことをわざわざするのですか?と思うと控えるようになるかもしれないし。

 

新しいアイフォンが欲しいといっても、今のも十分使えるわけで、理性的に考えると買い替える理由が見つかりませんなあ、今のままで十分。

 

 

痴の自覚はちょっと置いておいて、「貪」と「瞋」の自覚ならできそうです、自覚できたら「貪」と「瞋」の言いなりにならないチャンスが来た、ということですね。

 

 

日常生活で「貪」「瞋」を見つけたら面白いかも、と教えてくれる本です。

 

一瞬で心を磨くブッダの教え

一瞬で心を磨くブッダの教え