oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

129 思い通りにいかないことに挑戦する 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

「この仕事は私に合っているんだ」と納得できる仕事に、たまたま就けたとします。そうしたら、「私はこの仕事をしているんですよ」と張り切るでしょうね。「自分にはこの仕事だ!」と思って飛びついて選んだ仕事でも、いろいろ思い通りいかないことはよくあります。ですから最初から「思い通りにいかないもんだ」とわかって、周りがどんなに自分の意に反することをやってきても、「対応してやるぞ!」というチャレンジ精神で生きたほうが、ずっと楽です。

 

私見です。

 

自分に合っている仕事に就いていれば、そのときは最高なんでしょうけど、でも状況って変化します、移動転勤でその仕事から離れてしまうこともあるかもしれない、もしくはテクノロジーの進歩で仕事自体がなくなるかもしれない。

 

自分に合ってない仕事だなあ、と思っていても、やっているうちに面白くなってくるかもしれないし、責任ある立場を任されるかもしれないし、良い状況がやってくるかもしれない。

 

「思い通りにならないこと」って、けっこうワンサカやってきます

 

どちらがいい、なんてないような気がします。

 

周りの状況がどんどん変わっていくのに、ひとつのことに固執して、周りを見ない、ってのはヤバイですね。

 

どんどん老いて枯れるのに、早くに置いてかれると、もっとヤバイ。

 

私自身、もうチャレンジ精神はありませんけど、状況の変化には気づくべきだなあ、と思います。