oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

131 妄想しなければ仕事もうまくいく 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

よく若い方々が言うのは、「会社の仲間で気に入らない人がいる」というようなことです。「自分は頑張っているのに、その人がわざと嫌な言葉をかけたり、妨害みたいなことをいろいろするんです」などと、自分がよい人間で向こうは悪い人間という感じでしゃべりますけれどもね。その人がすぐ横を通るときに、「お前、ほんとうにバカですね」と相手が言ったとしても、それはその瞬間だけのことです。妄想しないで「あ、聞こえた」で終わらせてしまえばいい。「ああ、聞こえた」で終わり。空気が振動して耳が感じただけのことです。「聞こえた」で済ませられる過去のことを、「まあ、この人は本当に嫌味な性格だ」などと思ってみてください。ものすごい悩みになります。でも、それは考えてみればぜんぶ、過去のことを自分が勝手に妄想して考えただけのことでしょう。ですから、「今の瞬間」ということは、仏教の場合は命です。これが事実なのです。now right here'   just this moment' これだけなんですね、人生は、just this moment この瞬間のみと理解したら、無常はわかるのです。「ああ、すべてのものは流れるのだ」という納得が訪れます。

 

 

私見です。

 

これって、すごくよく聞く話です。

 

人間関係の話ですね。

 

そうそう、自分はいい人で、相手は悪い人

でも、その話を聞くほうからしてみると、片方の言い分しか聞いてないので、状況からして「まとも」じゃないんですよね。

 

で、職場が変わっても「自分はいい人」って、「相手は悪い人」を探すようなことをします、で、見つけると、前の職場と同じようなことを言ってるのです。

 

で、おめでたいことに、同じことをやり続ける自分の「パターン」に気づかないのです。

 

「自分は正しい」と思っているのですから、自作自演とは思ってはいませんね。

 

すみません、ちょっと脱線しました。

 

 

で、上記の先生の話は、自作自演を通り越して、now here で、無常の納得まで行ってしまいましょう、という、自作自演なんか問題にしない、かなりレベルの高い話です。

 

サラッと言ってますけど、かなりレベルの高いことを要求されています。

 

 

 

上記のお話ですと、サーリプッタ尊者が殴られた話を連想します。

背中がちょっと感じて、気づいただけで、終わったのでしょうね。

j-theravada.net