oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

132 仕事ができる人はストレスをためない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

仕事のストレスで身体を壊したという人がいます、その人は、仕事がきつすぎたといって、会社に文句を言います。けれども、それでストレスがたまるのは、その人の能力不足なのです。仕事ができる人は、ストレスをためません。いとも簡単に、遊びのようにリラックスして仕事をしてしまいます。仕事をする能力がない人はストレスで老けたり、病気になったりして、文句を言います。そして仕事のストレスを家庭にまで持ち帰って、家族に当たったりするのです。

後略

 

私見です。

 

仕事でストレスをためるのはヤバイですけど、その前に自分の生計の手段のチェックはできそうです。

 

以前に書いてますね、「正命」関係を。 

www.jataka.info

 

生計、仕事のキーポイントです。

▶生計を立てる手段は、心の成長を妨げないものを選んでください。

▶仕事が「正しい生計」かどうかは、三つの問いかけをすることで測ることができます。

▶一番目の問いは、「仕事が本質的に他者や自分を害していないか」です。

▶二番目の問いは、「仕事が五つの戒律のいずれかを破っていないか」です。

▶三番目の問いは、「仕事で心を落ち着かせないようにしている要素はないか」です。

 

生命を害する職業とか、貪瞋痴に塗れすぎてて労働法を無視するブラック企業とか、パワハラ、モラハラ、セクハラにあふれる経営者がいて常識が欠如した人間関係にあふれる職場とか。

 

自分の生計が上記にひっかかるようだったら、まずは離れたほうがいいかも。

 

それがないようだったら、思いっきり仕事をしましょう、という話かな、と思います。

 

仏教的な瑕疵のない生計の手段で、ストレスがたまるようであったら、まずは自分を見直してみませんか?ということかな?

 

これ、わかりやすい八正道の本です、残念ながら絶版です。

 

8マインドフル・ステップス

8マインドフル・ステップス