ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

『浄聖院だより こころみ 第36号』

f:id:oldmanbuddhist:20210420060513j:plain

f:id:oldmanbuddhist:20210420060537j:plain

 

 

愛知の尼僧堂で勉強中だった頃のお話ですね。

堂長先生は青山先生ですね。

 

先生も修行中の尼僧さんの日頃をよくご存じ・・・、こその言葉ですね。

 

きちんと察してる方の言葉って、優しいうえに相手の心に、なんていうか響きますね。

 

 

 

はい、遅くなりましたが、今年度もよろしくお願いします。