oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

194 私の義務は努力することだけ 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

良い結果を出したい、失敗したくない、という感情があるから、「よく頑張りました」と自分を褒めることができなくなるのです。感情が割り込むと、仕事に没頭することができないので、納得のいかない結果になるのです。

結果は私の努力だけで成り立つものではありません。結果の良し悪しは社会と環境の条件によるものです。社会を変えることも、環境を変えることも、私にできることではありません。管轄外です。

私の義務は自己嫌悪に陥らないように努力することだけです。

 

私見です

 

上記の話は、日常生活で行っているいろいろな仕事のことを指すのでしょうか?

 

日常生活のいろいろな仕事なら、自分の管轄内もあるし、管轄外もありますね、限られた条件の中でやっていくしかないですね。

ここに貪瞋痴を入れるとおかしくなるので、管轄内(自分の思い通りにできること)のことは一生懸命やったほうがいいかもしれません。

 

で、努力の話もありました。

j-theravada.net

 

上記の文章を読むと、日常生活で行う仕事や勉強の努力と、仏教でするべき努力の話と、なんだか両方の話が混ざっています。

先生は何か意図があって混ぜたのでしょうけど・・・。

 

理解力の無い私には仏教における努力の話を取りたいです。

 

仏教の努力の話だと「正精進」を連想します。

 

ずばりこの本

 

 

 

引用

心を育てるために、ブッダは四つのアプローチを教えられました。次のように「正しい精進」を実践するのです。

 

・悪い心が生まれるのを防ぐ

・悪い心に対処する

・善い心を育てる

・善い心を維持する

 

うむ、仏教の努力の話はわかりやすいです。