oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

206 善い人々と調和する 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

欲深い人は欲深い人と組む。怒りの人は怒りの人と組む。人のことがよくわからないときは、どんなグループに入っているかを調べると、その個人の性格は読めます。

グループを作ることが人間の習性であるならば、やめなさいと言っても意味がありません。とるべき態度は、善いグループを選んで入ることです。道徳を重んじるグループに入って、その世界に調和しようとすると、自分も道徳的な人間になります。智慧を求めグループに入れば、自分にも智慧が現れるのです。

 

 

上記は下記の本より

 

 

 

私見です

 

ズバリ、私の場合、所属するグループはダンマサークルですね、今はコロナの影響でオンラインのつながりですけど、コロナが収まったら、お寺に集まって勉強会や瞑想会、茶話会を復活させたいです。

 

話は変わりますけど、上記の本で先生が本の選び方について書いてあります。

ここで気を付けてほしいことはブッダの教えをそのまま紹介する本を選ぶことです。ブッダについて自分の感想、意見を書いている本には、その力がないのです。自分の知識にブッダの教えを無理に合わそうとして書く本は、ブッダの教えを汚すのです。自分の妄想をなんの根拠もなくいいふらして、新しい宗教をつくりたがっている人々も自分の教えは仏教だという場合もあります。それは違法行為です。ブッダの教えに人気があるので、勝手にその名前を使っているだけです。この点に気を付けてブッダの教えを紹介する本を読んで理解することによっても、無智が消えていくのです。これは真理を語られた仏説の力なのです。

 

えーと、すみませんが、先生のお話からすると、このブログは仏教を学ぼうとしている方の参考になりません。

 

自分の考えに仏教を利用するとか、新しい宗教を作ろうとか、そんな気はないのですけど、「私見と称して」けっこう自分の感想を書いてます。

 

ですから、しっかり学びたい方は、感想と意見とか私見が書いてない、しっかりした本をお読みください。

 

 

私の場合は下記の3冊かな。

 

 

 

 

 

 

 

本日は思いっきり脱線しました。