oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

241 夢は見つかりっこない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

仕事がない人は、仕事がないという苦しみを、仕事を見つけることで紛らわします。でも仕事をすれば、それはそれで仕事が苦しいです。仕事が苦しいと、終わってから夜にたくさんお酒を飲んで、苦しみを紛らわします。すると今度は、お酒を飲んだ苦しみがたまって、朝、なかなか目が覚めません。二日酔いという苦しみを味わいます。こういうことが人生なのです。苦しみをごまかすことが、人生です。幸福はないのです。さがしても、見つかりっこありません。

 

私見です。

 

上記の文章は下記の本から。

 

 

実を言うと上記の本は持っていません。

 

関連があるかなあ、という書籍から

 

 

 

気になる部分を引用

 

生きるとは巨大なプログラム

生きるということは、巨大なプログラムです。その中で結婚すること、子供を育てること、と言うことは別に大きな位置を占めていないのです。大きな絵画のちょっとしたアクセントくらいです。メインテーマは別にあります。生きるという巨大なプロジェクトは、どこも失敗しないように進めないといけないのです。できますか?それどころか、プロジェクトがあることすら知らないで、ただ生きている人が大半でしょう。

 

うむ、たぶん、家族を持つこと、仕事をすること、お酒を飲むこと、夢とか希望を持つことなんて、別に大きな位置を占めてはいないのですね。 

 

 

 

 

仏教をまったく知らない方だと、先生のこの言葉は、?????だと思います。

 

さて、その「プロジェクト」とは何でしょう?

 

お釈迦様の経典やお話のオチがその答えだと思います。

 

人生をただの「ごくろうさま」で終わらせないためにある本です。