oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

249 バカだから生まれた 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

「なぜ生まれてきたか?」の問いへの仏教の答えは、「バカだから生まれてきた」です。我々は言わないだけで、経典にはそういう答えがはっきり書いてあります。なぜ私たちはこの世の生まれたのかというと、「お前はバカだから」なのです。無智で無明で、貪瞋痴で、ロクでもない心があったのだから生まれたのだということです。なにか計画があって生まれたわけではないのです。経典には、お釈迦様の言葉で「無明と渇愛に覆われている生命は限りなく輪廻転生するのだ」と記されています。これを聞けば乱暴な言葉には聞こえないでしょう?では、これをわかりやすい単語に置き換えるたらどうなるか、はっきり言えば「バカだから生まれている」ということなのです。

我々はバカだから生まれてきたのです。生まれたときはバカでしたが、死を観察する人は、その死をきちんと繰り返し見ることで、智慧を開発するのです。バカを克服するのです。ですから、八十歳まで生きなくても、二十歳で死んでしまっても、死を観察した人が人生の成功者です。

 

うむ、バリバリの私見です。

 

バカだから輪廻転生を繰り返している、それが嫌だったら死の観察をしたらどうですか?という意味になるのでしょうか?

 

ちょっとピンときません。

 

バカで輪廻を繰り返すの嫌だったら、下記の本がわかりやすいです。

 

 

 

 

マハーシ長老は、輪廻の犠牲者になるのが嫌だったら、世間的な三学、出世間的な三学を養いなさい、と簡潔で無駄のない文章で説かれます。

 

先生の言うところのバカだと、輪廻において、低い階層のもっとみじめな存在に引き下ろすこともあるかもしれませんし、その期間も永遠に近いものかしれません。

バカでないと出来ない所業ですね。

 

 

これからもバカなままで、みじめな存在に引き下ろされたいですか?、とガツンと聞いてくる本です。