oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

254 これを食べなければ、死にますか? 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

「あなたは死を避けるために食を摂取していますか?」これは真面目に考えなければなりません。「はい」と答えるならば、正道です。「いいえ」と答えるならば、邪道です。たとえば昼食を食べた直後にアイスクリームを食べる場合はどうでしょう?食べなければ、あなたは死にますか?違うでしょう?余計な楽しみのためにやっているのです。ブッダを信じて、「昼食を食べたのだから、パフェを食べるのはやめよう」と決めた人は幸せになります。その人は法に守られているからです。

 

上記は下記の本から

 

 

「第三章 必要不可欠なものを知る」から、衣食住薬の説明があり、その中の「食べ物の哲学」の項目からになりますね。

 

アイスクリーム大好きです、ヤバイヤバイです、食後に食べたりなんかします、自分の家には無いのですけど、たまに実家に行ったときミニアイスの買い置きがあるので、食後に手を伸ばしてしまいます。

 

先生の法話に、最初からひっかかってしまいました、一発該当になりました。

 

「アイスが無い」と言って不機嫌になったり、作ってもらったご飯に不平不満を言うのは、飽食の時代の罠にひっかかっているのかもしれませんね。

 

私見で恐縮ですけど、衣食住薬で自分の心を汚してしまうようだったらヤバイんでしょうね。

 

上記の本から

必要不可欠を判断する十の基準というのがあるとのことです、出典はわかりませんが、せっかくですので引用します。

 

生きるために必要が否か?

 

なくてはならないのか?

 

生活が便利になるか否か?

 

道徳を推薦する道か? 無視する道か?

 

人格の向上があるか否か?

 

煩悩が増えるか? 減るか?

 

平和をもたらす道か否か?

 

一部の人々の幸福か? 大衆の幸福か?

 

心が穏やかになるか? 混乱するか?

 

10

心は清らかになるか? 汚れるか?

 

 

で、上記のお話は「中道」につながります。

 

下記の法話を読むと上記の十の項目と中道がつながるか、わかります。

j-theravada.net

 

 

衣食住薬から、いつのまにか「中道」に行ってしまいました、深く勉強できる本です。