oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

255 善行為はノートに記す 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

人というのは、いつでも善いことをするわけではないのです。ですから、「自分が行った善行為をよく思い出しなさい」と言うのです。なぜかというと、「善いことをしました」と思い出すたびに、善い行為をしたときの明るい気持ちがよみがえってくるからです。明るい気持ちがよみがえると、また心に善心所が生まれます。それがまた善行為をしたことになるのです。一個の善行為であっても、思い出すたびにその善行為の力が増えていけば、自然に暗い心が機能する時間が減っていき、代わりに、常に明るい思考でいる人間になるのです。善行為を思い出すことは大変重大なことなのです。

ですから、人々は習慣として、何か善いことをしたら、そのことをノートにでも書いておいたりするのです。少なくとも、昔はそうでした。自分が何か善いことをしたら、自分の日記としてそれをメモにしておく、昔の仏教徒の日記というのは、くだらないことをいろいろ書くのではなくて、なにか善行為をしたら、それを書いておくものでした。そうすると、自分の日記が「読み返せば、読み返すほど、楽しくて仕方ない」というすばらしいものになります。

 

上記の文章は下記の本から

 

 

 

うむ、昔のお坊様は在家の善の心を広げるために、いろいろなことをアドバイスをしていたのかもしれません、ノートに記してあとで読み返すというのも善の心を広げるよい習慣になるかもしれません。

 

で? 私自身はやりますか?というと、私はしません。

私がやると善行為コレクションになってしまい、自慢の罠に落っこちそうです、ですからやらないと思います。

 

地味ですけど、私に合っているのは悪いことをしない、五戒を守る、になりそうです。

 

 

工夫して自分の善心を広げてみませんか?と提案する本です。