oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

278 老病死を素直に認める人こそが、幸せに生きられる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用

皆さんは、健康こそが何よりも大切だ、絶対に病気になりたくない、老いぼれたくないと思っていらしゃるかもしれません。「当たり前だろう、健康になりたいのは当然ではないか!」とさっそく怒られるかもしれませんが、仏教の立場からいうと、そういった発想自体に相当な勘違いがあります。なぜかといえば、人間が一秒一秒ずつ、刻々と間違いなく年をとっていくこと・・・・それはとどまることがないからです。我々の身体の全細胞は、一人の例外もなく一瞬一瞬老化していきます。年をとるに従って、いろいろな身体の機能や働きはだんだん活動しなくなります。やがて身体のシステムがうまく動かなくなって、いつか必ず死を迎えます。その流れを止めることは誰にもできません。傑出した能力のある人でも、その流れを止めることができない。どんなに最先端の医学を学んだ人でも、超科学といわれる分野に精通した人でも、年をとらない、死なないという奇跡を起こすことはできないのです。お釈迦様はこの、年をとる、老化する、死に向かって生きていくという現実をそのまま素直に認め、認識できる人こそ、この世で最も幸せに生きられる人であると言ってます。

 

上記の文章は下記の本より

 

 

 

バリバリの私見です

 

本では老病死のお話が、満載のうえ縦横無尽です。

 

で、本のこの部分に興味を持ちました。

 

引用

輪廻は悲しい?

こう見ていくと、輪廻のシステムというものは、本当は実に悲しいものなのです。少し考えてみればわかりますが、生まれ変わるということは、生命にとってはあまりありがたいことではありません。なにか弄ばれている感じなのです。

中略

これこそ私だ、私に人生だなどと、怒ったり、悲しんだり、恨んだり、ちょっと楽しんだりして、懸命になって生きていく。そして、なんのことはなくまた死んでしまうのです。なんともつらない現象ではありませんか。虚しい、悲しい、つらいことだとは思いませんか?

お釈迦様は生きるということは苦しみそのものだと説きました。この苦しい、虚しい輪廻転生から脱出する、つまり解脱するためには悟りを得るしかないのだと教えられ、ついに瞑想による悟りの道を発見されたのです。

 

仏教からすると、老病死は、まあ当たり前だから別にいいのですけど・・輪廻はヤバイという立場なので・・・。

 

「ダラダラ老病死に悩んででどうするんですか?もっともっとヤバイことが待っているのに・・」ということだと思います。

 

 

たまにはきちんと老病死や輪廻について考えてみたらどうですか?と教えてくれる本です。